虔脩感應丸

「虔脩感應丸[ケンシュウカンノウガン]」は、五疳薬とよばれる製剤のひとつです。
五疳とはもともと中国から出た言葉で今日的にいえば腺病質、神経質等の虚弱体質で、ちょっとしたことでひきつけを起こしたり、めまい、悪寒、発熱、また熱がなくても悪寒、失神状態になりやすい体質をいいます。
「虔脩感應丸」は、体質が虚弱な方に多いひきつけ、気付け、息切れ、動悸、消化不良などに効果があります。

ヨクイニン

「ヨクイニン」は、中国の最古の薬物書「神農本草経(シンノウホンゾウキョウ)」に収載されています。古くからいぼや皮膚の荒れにすぐれた効果のある生薬として用いられています。いぼは、ウイルスの感染によって皮膚の角質が増殖しておこり、他の部位にも広がりやすいので注意が必要です。
?ヨクイニンは、ハトムギの種子から有効成分を抽出したもので、いぼや皮膚の荒れに効果があります。

自然の薬物でできているので安心できるが、素人には効能副作用等に不安があります。

漢方薬はお薬です。3000年という歴史もあります。そして体系化された学問です。
だからこと、専門店でじっくりお問い合わせの上ご自分にあった漢方薬を選ぶことが大切だと言えます。
漢方薬店は薬を売っているのではありません。 薬の効果、ノウハウを販売しているとお考えください。当店は、漢方一筋50年の歴史とノウハウで、おひとりおひとりあった漢方薬をおすすめしています。