ケアシリーズ補養

美容や健康増進をサポートする「プラセンタ」に、アンデス高地の厳しい環境で逞しく育った「マカ」を加えた健康補助食品です。

こんな症状に、思いあたりませんか?

  • 体がだるく、根気が続かない。
  • 腰痛・関節痛や肩こりがひどくなった。
  • 時々、耳鳴りやめまいがする。
  • トイレが近くなった気がする。
  • 風邪をひきやすくなった。
  • その他、脱毛・白髪、物忘れ、歯や足腰の弱りなど。

体力や気力の低下を引き起こす腎虚(じんきょ)。
それを改善するのが「補腎(ほじん)」

腎虚・・・生命力を保つ機能が働きにくくなり、元気がなくなってくる。

身体的にも精神的にも、若々しさが損なわれる「腎虚」。生命力を保つ機能が総合的に虚弱になり、だるさ、やる気の低下、肩こり、頻尿などの症状が出てきます。中高年からのものだと思われがちですが、生活習慣の乱れやストレスなどで進行することもあり、20代・30代から予防が必要です。

「腎虚」と妊娠について

?「腎」の機能がおとろえると、排卵の遅れや受精卵を守る機能の不全など、卵巣や子宮の環境にも影響が出てきます。

補腎で、ますます若々しく!

「腎虚」をやわらげる、または予防する「補腎」のために見直したいのは、まず食生活。塩分を控えめにした、バランスのとれた食事を心掛けましょう。そして、ムリのない適度な運動をできるだけ毎日続けること。現代では全くストレスのない生活は難しいですが、時には気分転換をして、ストレスを溜めないことも大切です。

漢方での「腎」(じん)とは

?腎臓などの臓器だけではなく、頻尿・生殖・内分泌・中枢神経系の機能、心身のバランスや免疫など幅広く含みます。

ケアマックスNEO

「ケアマックスNEO」はコンドロイチン、植物性グルコサミン、西洋ヤナギ乾燥エキス、5-LOXINを配合した健康補助食品です。毎日の健康のためにお召し上がり下さい。

関節疾患は予防を心がけて

中高年になるにつれて、年齢を重ねるにつれて、関節の軟骨は磨り減っていきます。年コツにも寿命はあります。何もしないで、なくなったものを再生させることは非常に困難な話です。そのためには、食生活や運動習慣などの体フスタイルの改善が必要にとなっていきます。食事はバランスを考え、腹八分目を心がけましょう。過度の肥満は関節に負担をかけることになります。

また、ストレスを上手に解消して、質の良い睡眠がとれるように生活のリズムを守りましょう。

軟骨成分を補充するサプリメントを活用することもお薦めします。

また、運動療法として安全で手軽にできるのがウォーキングです、膝に負担をかけず平坦な道を少し汗ばむスピードで歩きながら、無理をせず、関節の状態と相談しながら歩くことが大切です。

普通に歩けることを続けていくことが、将来において健やかな生活を過ごせるかにつながっています。

変形性関節症とは

中高年になってからの関節疾患のほとんどは、変形性関節症といわれ、最初は、歩くときにひざがつっぱったり、違和感を感じる程度ですが、次第に痛みが激しくなり、歩行困難になることもあります。この症状は、肥満などによる関節部の過度の荷重や、過激なスポーツなどが原因となることもあり、加齢とともに誰にでも起こりうる症状であるといえます。

発症時期

40歳以降、50~60歳がピーク

初期症状

強い自覚症状がなく朝起きた時や動かしはじめの4~5分程、膝がこわばる

症状の進み方

初期

  • 動作開始時にこわばり感がある
  • 膝がギシギシきしむ
  • 膝の後ろがつっぱる

中期

  • 膝を曲げると痛む
  • 膝に水がたまる
  • 階段の上り下り・正座がつらい

末期

  • 膝の変形がひどくなる
  • 痛みで歩くのが困難になる
  • 日常生活動作が不自由になる

霊田七

いつまでも若々しく、健やかな毎日を。
「だんだん健康に自信がなくなってきた。」「健康管理をそろそろ真剣に考えたい。」「ますます健康の大切さを実感している。」・・・こうした加齢とともに気になる毎日の健康維持のやめに、「霊田七」をお役立てください。

田七人参とは、ウコギ科の人参の一種で、中国雲南省付近の気候や土壌でしか採れません。種をまいてから3年から7年経たないと収穫されないことから、三七人参とも呼ばれています。 優れた止血効果があり、中国では鎮痛効果、血流促進、細菌感染防止(免疫)から多くの病気予防の働きを持つ“最上薬”として伝わってきました。何よりも有名なのが、肝炎や肝硬変、肝臓ガンなどの特効薬として世界的に有名な『片仔廣』。 この薬剤の主成分の85%が田七人参で構成されています。

田七人参をはじめとする、5種類の生薬を配合。

霊芝(レイシ)
霊芝(レイシ)
サルノコシカケ科のマンネンダケ。中国では祥芝・神芝とも呼ばれています。
蘇合香(ソゴウコウ)
蘇合香(ソゴウコウ)
マンサク科の植物の樹幹を傷つけて採った樹液の一種です。芳香性に優れています。
田七人参(デンシチニンジン)
田七人参(デンシチニンジン)
ウコギ科の人参の一種で、主産地は中国雲南省。三七人参とも呼ばれています。
橘皮(キッピ)
橘皮(キッピ)
タチバナ又はその仲間の果皮を乾燥させたものです。優れた芳香性を持っています。
蛇胆(ジャタン)
蛇胆(ジャタン)
まむしの胆、タンパク質などを含み栄養分に富んでいます。

ケアピローサ

ケアピローサは、宮古島で生産される、タチアワユキセンダングサ(ビデンスピローサ)という植物をを原料としてつくられています。宮古島は紫外線が強い亜熱帯にあり、降雨量は多いが山も川もなく、土壌が隆起サンゴ礁のため保水力が乏しい、環境のたいへん厳しい島です。多くの植物がしっかりと根を張るのが難しく育ちにくい状況の中で、目立って繁殖しているのが野生のハーブ、タチアワユキセンダングサ(ビデンスピローサ)なのです。地元では「サトウキビに変わる島の特産品になる」と期待が高まっている。」との記事がありました。地域の人々の努力により無農薬・無化学肥料で、緑肥のみで清浄栽培された、その宮古ビデンスピローサを錠剤にしたのが、ケアピローサなのです。

ヨクイニン

「ヨクイニン」は、中国の最古の薬物書「神農本草経(シンノウホンゾウキョウ)」に収載されています。古くからいぼや皮膚の荒れにすぐれた効果のある生薬として用いられています。いぼは、ウイルスの感染によって皮膚の角質が増殖しておこり、他の部位にも広がりやすいので注意が必要です。
?ヨクイニンは、ハトムギの種子から有効成分を抽出したもので、いぼや皮膚の荒れに効果があります。